引っ越しの荷造りのコツとは?間に合わない場合どうなる?

引っ越し 荷造り 何日前


引っ越しはいろいろとやることがありますが、その中でも荷造りはめんどくさいと感じて負担に感じる方も多いのではないでしょうか。荷造りがしっかりできていないと引っ越しの際にバタバタしますし、スムーズにできなくなって、いろいろと負担になってしまいます。

順調に引っ越しを終わらせるためにも荷造りをしっかり行っていくことが大事になります。

引っ越しの荷造りを引っ越しの何日前に行うのがいいのかですが、これは荷物の量によっても異なってきます。荷物が多ければ当然、早めに行う必要があります。

平均的にはだいたい2週間前くらいから始める方が多いようです。不要なものを選別して処分したり、ダンボールに詰めたりするのは意外と重労働なので一気にやるよりは少しずつやっていったほうがいいといえます。余裕をもって2週間くらい前から始めるのがいいのではないでしょうか。

引っ越し 荷造り コツ


・普段使わないものからダンボールに詰めていく


必要なものを詰めてしまうと引っ越しまでに必要になって困ることもありますので、使用頻度の低いものから詰めていきましょう。たとえば、シーズンオフの衣装や読まない本、DVD、買い置きした日用品などは先に詰めても大丈夫だと思います。

次に引っ越しまでに使うかもしれないものをダンボールに詰めていきましょう。この際、ダンボールはガムテープでしめずにあけておきましょう。

・ダンボールの側面と上部に入れたものを記載しておく


ダンボールに何をいれたのか分かるように上部と側面に入れたものを書いておく必要があります。この際にどこの部屋におくものかも書いておくと荷解きもスムーズにしやすくなります。

・重いものは小さい箱にいれる


重いものを大きなダンボールに入れてしまうと重くて運びづらくなってしまいます。あんまり重いとダンボールの底が抜けてしまう可能性もあり、荷物の破損にもつながりますので気をつけましょう。

なるべく小さい箱にわけて入れるようにして重くなりすぎないようにしましょう。大人一人が無理なく運べるくらいの重さにしておくと負担も少なく、荷物運びも楽になります。衣装などの軽いものは大きな箱に入れておくと運びやすくなります。

・緩衝材をいれておく


荷物を運ぶ際に中のものが動いてしまうと破損につながりますので、緩衝材を用いましょう。新聞紙を使ったり、使わないタオルやプチプチなどを活用するのもいいと思います。

荷造りを自分でやって引越し後の荷物が破損した場合、基本的には業者には責任を問えないので破損しないように注意して荷造りましょう。

・キッチンは早めに荷造りしておく


キッチンは食器などが多く荷造りにも時間と手間がかかります。後回しにしてしまうとバタバタしてしまうので余裕をもってやっておきましょう。不要な食器類があれば早めに処分するなどして極力荷物を減らしておくのが良いと思います。

引っ越し直前に食器を全部詰めておいて、直前まで紙皿、割りばし、紙コップで生活するという方法もあります。これなら洗い物がないので洗剤とかも不要ですし、引越し前に食器もすべて荷造りできます。

・新居ですぐ使うものは目立つようにしておく


すぐに使うようなものは別箱にして、そこにまとめておくと引っ越し先でスムーズに必要な荷物を取り出すことができます。パジャマや下着、洗面用具などは引っ越し当日に必要になるのでこうしたものを入れておくと良いと思います。


引っ越しの荷造りが間に合わない場合


物事はすべて計画通りにいかないものですし、引っ越しの荷造りが間に合わない場合もあると思います。この場合にどうすればいいのかですが、早めに業者に連絡することが大事になってきます。

引っ越しの当日までに荷造りが終わってないとなればスムーズな引っ越しができずに追加料金がかかってしまったり、繁忙期などはほかのお客さんの都合もあるので最悪、引っ越しを断られてしまう可能性もあります。

荷造りしていないと引っ越しできないということで契約不履行となって、引っ越しを断られても文句をいうこともできません。

ただ、一般的には引っ越しを拒否される可能性は低く、よっぽどひどかったりした場合に限られます。多くの場合は追加料金が課されて作業員が荷造りしてくれることが多いです。

こうしたことを避けるためにも早めに業者に連絡しておきましょう。こうすることで業者はスケジュールの調整をしたり、荷造りのプランを推奨したりして対応することができます。

荷造りが間に合わないことで追加料金がかかり、経済的にも負担が大きくなりますのでスムーズな荷造りを心がけましょう。間に合わないということがないようになるべく余裕をもって始めましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。