引っ越し費用 単身

引っ越し費用 単身 料金



荷物が少ない一人での引っ越しは日本通運の単身パックなど安く引っ越しできるサービスがあります。各社によって呼び名が違いますが、同じようなサービス名のものを打ち出しています。

専用のボックスで荷物を他の宅配物と同じように運搬することで費用を抑えることができるというシステムになっています。荷物が少ない場合にはこの方法がお得です。

荷物の梱包からすべて任せることができるものや自分である程度のことをやる必要があるものなどサービス内容によって変わってきます。安く抑えたい場合にはなるべく自分でやっておくようにするサービスを選ぶのがポイントです。

引っ越し費用 単身 見積


単身の場合であれば、家族連れの場合や荷物の多い場合のように料金が高くなりにくいですが、それでも見積はしっかりとやってもらったほうがいいです。単身の場合もオプションサービスや料金も違ってきますので見積もりをしてもらい、こまかい部分を確認して業者を決めましょう。

各業者の公式サイトでも見積もりを依頼できますが、いろんな業者で複数の項目を記入するのは大変だと思いますので一括見積のサイトを利用しましょう。荷物の量や距離、日時、作業の時間帯などを入力フォームに記入して送信します。だいたい、1~2日くらいで見積もりが送られてきます。ただ、繁忙期になるともう少し遅くなることもありますので注意が必要です。

単身で距離が短い場合は大手の業者よりは中規模、小規模のところのほうが安くなることも多いです。広告費とか宣伝費をあんまり使っていないので大手よりは安くなりやすいです。。

引越し費用 単身 一人暮


小規模の業者を検討してる場合には赤帽もいいと思います。赤帽は引っ越し専用の業者ではなく、運送業ですが、安くすませることができるということで人気です。サポートは事業主によってことなりますが、多くの場合はそこまで充実していません。荷造りや荷解きは自分でやるのが基本で、重いものについては手伝ってくれることが多いです。

どこまでの手伝いをしてくれるのかなどについては事前に見積書などで確認しておきましょう。料金については近場であれば2万円内で済むこともあります。地域によって当たり外れもあるようですが、とにかく安くすませたいのであれば赤帽を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。