引越し費用を安くする

引っ越し費用を安くする 料金


引っ越しというのは予想以上にお金がかかることが多いです。荷物の量や時期、距離などによっても大きく変わります。オプションなどを追加してしまうとさらに上がります。注意しないとどんどん費用が上がるのでしっかりと対策をしておく必要があります。

荷物を極力減らしたり、閑散期を狙うなどの方法もいいですが、それについても限度があります。そんななかで一番やっておいたほうがいいのが一括見積という方法です。

引っ越し費用を安くする 見積


引っ越しには一応の相場というのもありますが、定価のようなものはないので一社だけに見積を依頼すると高めに提示されることが多いです。業者も利益を出すために行っているので、多少高い値段を提示されるのは仕方がないといえます。一括見積でほかの業者と競合させることでお互いに競う必要があるので通常よりも安い価格を提示してもらいやすくなります。

複数の業者によって見積をしてもらうと電話攻勢があるのではないか?こういった不安もあるとは思いますが、1社ずつ見積をとってもらうほうが断るのは面倒ですし、見積が出揃わないと決められないということをはっきりといえばそこまでしつこくしてくることはありません。

概算額の見積もりをしてもらい気になる業者に訪問見積もりをしてもらい正確な見積額を提示してもらうことで安くなるし、トラブルも少なくなります。概算額の時点で業者を決めてしまうとあとで追加料金などのトラブルになることもあるので注意が必要です。素人が見積もる荷物の量とプロが見積もる荷物の量などは違うので訪問してもらいしっかりと見積もりをしてもらうようにしましょう。

一括見積をできるサイトに登録された業者はある程度、信頼性が担保されているので悪質な業者もはいってこないため安心して利用することが出来ます。
こちら↓のサイトで無料一括見積ができるので、ぜひこういうところを利用するようにしましょう。


引っ越し費用を安くする 方法


荷物が多かったり、家族連れで距離が長い場合には、ある程度、規模が大きいところに依頼したほうが安心ですが、距離が短く、単身の場合には赤帽を利用すると安くなることが多いです。赤帽というのは、全国赤帽軽自動車運送協会組合連合会のことで赤帽にたのむと普通の業者よりも安く引っ越しをおこなうことができます。

引っ越しによく使われますが、引越専業ということではなく、配送業を行ってる業者です。基本的には荷造りや荷解き自分で行い、任せるというよりは、サポートをしてもらうというかたちになることが多いです。プランやサービスのオプションなどについては業者ごとに違います。大手の業者のような手厚いサービスやサポートはあまりないことが多いですが、それでも料金的には格安ですし、荷物が少ない単身者の方にはオススメの業者です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。