引っ越し費用 荷物

引っ越し費用 荷物 引越


引越しにかかる具体的な費用を決める要素はいろいろなものがありますが、なかでも荷物の量は重要です。荷物の量が多いとそれだけ作業が多くなり、時間もかかりますので引越しにかかる費用が高くなってしまいます。引越しに使用するトラックの大きさと移動距離というのが重要な要素になりますので、なるべく荷物を少なくするということが大事になってきます。

ダンボールの量が多いとそれだけかさばってしまい費用が高くなりますので梱包の仕方にも注意するようにしましょう。引越しは普段つかっていない不要品などを処分する絶好の機会でもありますのでいらないものはどんどん処分していくのがいいと思います。リサイクルショップなどもありますのでそういったところに引き取ってもらうようにしましょう。

本やCD,DVDなどはネットの買取サービスを利用するのもいいと思います。ダンボールに詰めて着払いで送るとお金を振り込んでくれるという業者もありますのでこういったところであれば利用しやすいといえるのではないでしょうか。古いものだとかなり買取価格は安くなってしまいますが、タダで処分するよりはお得ですし、こういったところをうまく活用するようにしたいですね。

引っ越し費用 荷物 料金


ダンボールへの荷物の詰め方がよくないとトラブルになってしまう可能性もありますので注意しましょう。重いものをとにかく詰めてしまいダンボールの底が抜けて荷物が落下、破損ということもけっこうあるようです。重いものは小さな箱にいれて、軽いものは大きな箱にいれるようにしましょう。箱の重さについてはあまり重くなり過ぎないようにして、一人で持てる程度の重さにするようにしましょう。また、箱のなかでものが動くということがないように緩衝材なども入れるようにします。

荷物が多いと新居での荷解きとかも大変ですし、極力少なくするようにしたいですね。けっこう新居での荷解きに疲れて「引越うつ」になってしまうということもあるそうなので荷物は少なくして作業の負担も少なくするように心がけるようにしましょう。

引っ越し費用 荷物 一人暮


一人暮らしの引越の場合であればそこまでたくさんの荷物はないと思います。荷物がすくなく、距離もそれほどない場合には、単身パックなどのサービスを利用するというのもいいと思います。ほかには赤帽などを利用するのもいいと思います。荷物の量に限界がありますが、大手の業者のよりもかなり安くなることも多く、リーズナブルに引越ができるということで人気になっています。

赤帽はいいと思いますが、いきなり赤帽に決めるよりは複数の業者によって見積もりをしてもらったほうがいいといえます。1社による見積もりだとそれが相場よりは離れてるなどわかりませんし、損をしてしまう可能性が高くなります。必ず複数の業者に見積もりをしてもらいいい条件の業者を選ぶようにしましょう。

ネットの一括見積もりサイトがありますのでこういったサイトを活用すると便利に複数の業者に見積もりを依頼することができます。引越し侍は特に実績のあるサイトなのでオススメです。
↓    ↓   ↓

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。